Event is FINISHED

Mozart Birthday Concert (Friday)

Description

Performed by the Tokyo Sinfonia and featuring Soprano Misaki Morino

English follows

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (1756-1791)
モーツァルトは、父なる神のもと人類の兄弟愛を熱心に信奉して、 1784年、28歳の時にウィーンのフリーメイスンに入会した。 メンバーとなった喜びの中、 フリーメイスンとしての人道的な教えを象徴する多くの作品を作曲 した。その7年後、35歳で帰らぬ人となり、 共同墓地に埋葬された。しかしその作品は、 今もなお音楽史上の他のどの作曲家よりも生き続けている。至高の天才作曲家であり、名演奏家。 すべてのジャンルにおいて叙情的な美しさ、 バラエティに富んだリズム、自然なメロディーを生み出した。

交響曲第32番 ハ長調 K.318
ヨーロッパの貴族邸での就職先をみつけられずに、1779年、2 3歳のモーツァルトは、パリから再びザルツブルクへ戻った。 多くの経験を重ねて、音楽のアイデアに溢れんばかりで、 大司教の宮廷楽団のために楽曲を作ろうとしていた。 パリで聴いた音楽の簡潔さと独創性に影響を受けて、 モーツァルトは、短いハ長調シンフォニアのために、 フレーズの長さを不規則にして、対位法の中に流れを持たせ、 バロック派の特色も取り入れた。 魅力的なアイデアに満ちた楽曲である。

踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ K.165
モーツァルトと父は、オペラの作曲のためにイタリアへ旅した。 ソリストの1人は有名なカストラート、ヴェナンツィオ・ ラウッツィーニで、「天使のような歌声」とモーツァルトは言い、 数週間後、17歳の誕生日の前日にこの曲を書いてデビューを果た した。

交響曲第33番 変ホ長調 K.319
1779年の夏、モーツァルトは、 田舎街ザルツブルク宮廷楽団のために作曲するはずの3つの交響曲 のうちの2曲目を作った。各楽章は統一性を持ち、 マンハイムを訪れていた時に聴いた音楽の発想に影響される。 後に、ウィーンでの演奏会用に、 明るい曲想とバランスを取るために、 いつになく暗いメニュエットを加え。

アリア 聖霊によりて K.427
1783年、27歳のモーツァルトはコンスタンツェと結婚し、 結婚式のためのミサを作曲すると誓った。 初演ではコンスタンツェがソプラノソロを歌った。未完の曲で、 聖霊によりて、が曲の最後に残された言葉である。

森野美咲 ソプラノ
岡山市出身。ウィーン在住。東京藝術大学声楽科卒業。ローム・ ミュージックファンデーション奨学生としてウィーンへ留学し、 ウィーン国立音楽大学修士課程を満場一致の首席で修了。 文化庁新進芸術家海外研修員。バロック音楽、現代音楽、 オペレッタ、ドイツ歌曲には特に定評があり、 オーストリアを拠点に数々のオペラに出演する他、 ウィーン楽友協会、リンツブルックナー劇場、 シュテファン大聖堂等でコンサートにも多数出演。 これまでに岡山フィル、ブルガリア国立ソフィアフィル、 シンフォニエッタ・バーデン等と共演。東京ではブラームス「 ドイツレクイエム」にソリストとして出演。 東京シンフォニアとも共演した。

2019年 モーツァルト バースデーコンサート: 2019年、モーツァルトの国オーストリアと日本は、国交樹立1 50周年を迎える。

Acclaimed soprano soloist Misaki Morino returns to perform with the Tokyo Sinfonia in the orchestra's special Mozart Birthday Concert series, held on Friday evening and Sunday afternoon. Now in its 13th year, this delightful concert is the perfect way to kick off the New Year with musical entertainment.

In celebration of 150 years of diplomatic relations between Austria and Japan, the 2019 Mozart Birthday Concerts are supported by the Austrian Embassy in Japan.

Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)
Mozart was inducted into the Masonic Lodge in Vienna in 1784, at age 28. In this happy capacity he created a number of works imbued with allusions to the humanitarian precepts of Freemasonry. Seven years later, he was buried in a nameless grave. Yet, perhaps more than any other composer in the history of music, his music survives him. His works are unsurpassed in lyric beauty, rhythmic variety, and effortless melodic invention.

Misaki Morino, soprano solo
Grand prize-winner of the 2019 Japan Music Competition, soprano Misaki Morino graduated from Tokyo National University of the Arts with a major in voice. Receiving scholarships from the Rohm Music Foundation and Japan Agency for Cultural Affairs, she pursued advanced studies in Austria, earning her Master’s Degree from the famed Vienna University for Music and Arts.

Now based in Vienna, she has performed a wealth of operatic roles in Austria, Bulgaria, Germany, South Africa, and Japan. Singing in half a dozen languages, she is a regular soloist at the Wiener Musikverein, the Brucknerhaus in Linz, and Vienna’s famed Saint Stephen’s Cathedral. She appeared as soprano soloist in Tokyo in 2017 production of Brahms’ German Requiem conducted by Robert Rÿker, and was immediately invited to return as soloist with the Tokyo Sinfonia.

Aria: Et Incarnatus Est, from K. 427
Mozart was 27 in 1783 when he married Costanze, and he vowed to compose the music for a sacred Mass to celebrate their wedding. Costanze sang the soprano solos at the premier performance. The composition was left incomplete, and these were the last words of the text to be set to music.

Symphony No. 32 in C Major, K. 318
Following a fruitless search for a post in Paris, in 1779, 23-year-old Mozart returned to Salzburg. Richer in experience and musical ideas than ever before, he was now to compose his final works. Influenced by the inventiveness he heard in the music of Paris, Mozart incorporated phrases of irregular length and flowing lines in counterpoint for his brief C-major sinfonia. The music charms with a profusion of highly attractive ideas.

Exsultate Jubilate, K. 165
Mozart and his father travelled to Italy, where Wolfgang was to compose an opera, for which one of the principal soloists was the famed castrato Venanzio Rauzzini. Declaring that Rauzzini “sang like an angel,” Mozart penned Exsultate Jubilate to debut just weeks later.

Symphony No. 33 in B-flat Major, K. 319
In the summer of 1779, Mozart composed the second of the three symphonies he was to write for the provincial court of Salzburg. For a later performance in Vienna, he added the unusually dark Minuet to balance the jolly playfulness of the work.

An artists & audience reception will follow the concert.

Join in, get tickets now!

Information
tickets@tokyosinfonia.com or 03-3588-0738
Fri Jan 25, 2019
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
Adult SOLD OUT ¥5,500
Group of two or more (per person) SOLD OUT ¥5,000
Child (age 3-17) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
4 Chome-1-3 Shibakoen, Minato Japan
Organizer
東京シンフォニア Tokyo Sinfonia
469 Followers